2017年8月11日金曜日

パイナップルココナッツチーズケーキ

八月ももう半ば!
子供たちと毎日朝から晩まで過ごしている夏休みど真ん中ですが、ハワイ気分を忘れずに過ごそうと心がけている毎日です。(じゃないと育児のモチベーションが。。。)

先日作ったのは、パイナップルとココナッツのチーズケーキ。
ゼラチンで固めるレアチーズケーキにしようかとも思いましたが、やっぱりいつもの湯煎焼きで、とろけるような口当たりを目指しました。


生地に角切りにしたジューシーなパイナップルを混ぜて、クラストのココナッツとのコントラストがいい感じ。上からもサクサクのココナッツを散らしました。


トロピカルなチーズケーキができて、満足です。
アイスコーヒーと一緒に一息つくときにぴったり。


■■Pinapple & Coconut Cheese Cake■■


■材料■ 15cm角形

クリームチーズ 230g
グラニュー糖 75g
水切りヨーグルト 100g
卵 1個
生クリーム 50cc
レモン汁 小さじ2
コーンスターチ 大さじ1と1/2
パイナップル 100g

クラスト
 ビスケット 55g
 ココナッツファイン 大さじ1と1/2
 太白胡麻油 大さじ1

トッピング ココナッツファイン 大さじ2


■作り方■

  1. 型にオーブンペーパーを敷いておく。オーブンは160度に予熱する。パイナップルは5mm角に切り、ペーパータオルで水気を取っておく。ヨーグルトは事前に200gをコーヒーフィルターに入れて冷蔵庫に数時間おいて水切りしたものを100g用意する。
  2. クラストを作る。ビスケットを袋に入れてめん棒で細かく砕き(またはフードプロセッサーにかける)、ココナッツファインと混ぜ合わせる。太白胡麻油を加え混ぜ、型の底に敷き詰める。
  3. ボウルに室温にしたクリームチーズを入れ(固い場合はレンジに少しかけて柔らかくする)、泡立て器でよく混ぜて滑らかにする。グラニュー糖、水切りヨーグルト、卵、生クリーム、レモン汁、コーンスターチを順に加え、その都度泡立て器でよく混ぜる。パイナップルを加えてさっと混ぜる。
  4. 2の型に生地を流し入れる。天板に置き、周りにお湯を流し入れる。予熱したオーブンで20〜25分焼く。型を揺らして真ん中が少し揺れるくらいで焼き上がり。ラックに乗せて冷まし、型のまま冷蔵庫でしっかり冷やす。

パイナップルは缶詰のものを使いました。

今回は底の取れない角形で作ったので、取り出しやすいようにオーブンペーパーを敷きました。底の取れる丸型の場合はオーブンペーパーはいりませんが、湯煎のお湯が入らないように周りをアルミホイルで覆ってください。



昨日は子供二人を連れて、川崎にある藤子不二雄ミュージアムに行ってきました。


私は漫画の原画を見られて感激!
子供たちは解説の聞ける「お話電話」を貸し出してもらい、展示物にある番号を押して解説が流れるのを聴くのに夢中でした。(ドラえもんの道具みたいで楽しいみたい)
それに、遊べるコーナーではしゃいで、ガチャガチャやったり漫画を自由に読んだり。



かわいいフォトスポットがたくさんで、私もあちこちで撮りました。

アイスどら焼きとアイスコーヒーで一息。子供はSFサイダー(すこしふしぎサイダー、らしいです笑)。
子供用の解説を聞けるお話電話しか借りなかったので(それに子供が離そうとしなかったから、私は聞けず)、もっとゆっくり展示の解説を聞きたかったなー。
いろいろかわいくて、のんびりとした雰囲気で、ママも癒されるミュージアムでした。




ランキングに参加しています。
お菓子カテゴリのランクイン、とってもとっても嬉しいです。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!励みになります♪


こちらもよければ覗いてみてくださいね。フォローもお願いいたします♪
Instagram

2017年7月30日日曜日

かぼちゃココナッツミルクプリン

昨日の夜はお友達の家でタイ料理パーティーでした。

お料理上手なお友達が、タイ料理をいろいろ作って準備してくれるということで、私もちょうど旦那に子供をお願いできたので、喜んで駆けつけました。
久しぶりの夜の集まりに参加できてウキウキ。

私も何品か準備しました。
デザートにタイ料理の後に合うような、冷たくて甘いものがいいかなと考えて、かぼちゃとココナッツミルクのプリンを作ることにしました。



プリンといっても、ゼラチンで固めるだけなのでとっても簡単です。
かぼちゃとココナッツ、大好きな組み合わせ。
タイ料理やカンボジア料理のデザートの定番の、丸ごとのかぼちゃにココナッツミルクプリンを詰めて蒸したものの味を再現してみたつもりです。


濃厚でとろけるプリン、エスニック料理の後にぴったりの味です。
友達にもすごく好評だったので良かったです。



■■Pumpkin Coconutmilk Pudding■■

■材料■ 5個分

かぼちゃ(加熱してつぶしたもの) 120g
ココナッツミルク 250cc
生クリーム 50cc
砂糖 70g
ゼラチン5g
大さじ2と小さじ1

ホイップクリーム、シナモン 適量

■作り方■

  1. ゼラチンを水に入れてよく混ぜ、ふやかす。かぼちゃは種とわたを取ってレンジで加熱し、皮をとって120g用意する。ボウルに入れてフォークで潰す。(またはフードプロセッサーにかけて滑らかにする。)
  2. 砂糖、ココナッツミルク、生クリームを順に加え、よく混ぜる。ゼラチンをレンジに少しかけて溶かし、加えて混ぜる。(フードプロセッサーの場合はそのまま順に材料を加えて攪拌する。)
  3. 型に流し、冷蔵庫で冷やす。固まったらホイップクリームを乗せ、シナモンをかける。



集まったのは昔から知っている友人たちなので、おしゃべりは尽きません。
それに、友人の作ってくれたタイ料理の本格的で美味しかったこと!

生春巻き、エビトースト、空芯菜炒め、青パパイヤのソムタム、セロリの浅漬け、〆にグリーンカレーも!

私はヤムウンセン(風、唐辛子抜きで辛くない)と手羽先のナンプラー焼きを持って行きました。


遅くまで食べて喋って、本当に楽しい夜でした。
どうもありがとう〜!




ランキングに参加しています。
お菓子カテゴリのランクイン、とってもとっても嬉しいです。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!励みになります♪


こちらもよければ覗いてみてくださいね。フォローもお願いいたします♪
Instagram

2017年7月26日水曜日

ハワイ旅行2

旅行の話の続きです。

レンタカーをした2日目は、カイルアへドライブしました。

途中の展望台。
ここからすぐのビーチにも降りてみましたが、波が荒すぎました。

ところがホテルを出てすぐに、とんだハプニングがありました。
住宅街で路駐の車と接触してしまい、結構派手に傷つけてしまったのです。
相当焦った私たち夫婦。ガイドブックの「いざという時は」のページを慌てて見たりして、「やっぱり警察を呼ぶのかな」となったのですが、電話をかけようにも公衆電話もないし、英語力もない。
それで近くにいた植栽の手入れをしている園芸業者の方に助けを求めたら、とても良い人で、自分の携帯で警察に話をしてくれ、その場でずっと仲介してくれたのです。
車の中で子供とハラハラしながら見守るしかない私(しかもホテルから水着で出て来たので、水着のまま。。)
幸いレンタカーするときに保険に入っていましたから、あとは返却の時にレンタカー会社が保険会社を通じて処理してくれる、という感じで終わりました。
怪我や大きな事故にならなくて、本当に良かった。

ほっとして、やっと目的のカイルアビーチに到着。
ここは本当に素敵なビーチでした!


砂も細かくさらさらで、波もちょうどいいし、何しろ海がきれい。


たっぷり遊んだあと、行きたかったBoot's&Kimo'sへ。
マカデミアナッツソースのかかったパンケーキが有名で、それ目当ての日本人もたくさんいました。


手前がパンケーキ、奥がフレンチトースト。
甘くてクリーミーなソースにマカデミアナッツの食感が美味しい。
サイドで頼んだソーセージとスパムも美味しかった。特にソーセージグリルがみんな気に入りました。 

美味しいパンケーキが食べられて満足。
このあとカイルアのおしゃれな街をぶらぶら散策、、という予定だったのですが、車のアクシデントやビーチのパーキング待ちのせいでやっぱり時間があまりなく(レンタカーの返却時間が迫っていた)、ホールフーズとターゲットを15分づつではしごするという感じに。
ワンダーランドのようなところを15分で出なきゃいけないなんて、拷問のようでしたが(笑)、それでもダッシュで買い物。
当初予定していた「カイルアでのんびり過ごす」とはかけ離れた感じになってしまいましたが、とにかくビーチとパンケーキは堪能できたので良かったです。

滞在後半はオハナワイキキイーストというホテルに移動していました(予算の関係で!笑)
でもここは、ランクダウンしたのでそれなりでした。
シャワーは壊れているし、部屋になぜか蟻がいるし。
それでも目の前にフードパントリーというスーパーがあるので、すごく便利でした。
朝食はいつもここで買って来たパンやヨーグルト、果物。
ヨーグルトは写真撮り忘れましたが、ヨープレイのものが種類豊富で、「バナナクリームパイ味」「キーライムパイ味」「ボストンクリームパイ味」と私の好みのものばいろいろありました。どうして日本でないんだろう!
デザートのコーナーではカットケーキも売られていて、これも写真がないのですが、チョコレートケーキにココナッツフロスティングがかかったのを買って一人夜に部屋に帰ってからデザートで食べていました。
これが意外と美味しかったので、自分で再現したいなーと思っています。


最後の日はちょうど土曜だったので、KCCファーマーズマーケットへ行きました。

ココナッツジュース初体験。


ジャムや蜂蜜を試食して買ったり、コウはアワビを食べたりココナッツジュースを飲んだり、楽しみました。
お店の方が日本人の人が多く、びっくりしました。
移住してハワイでファームをやっているのかしら、憧れるなー、なんて思ったり。

午後はDIY用品が見たいという旦那の希望でアラモアナの近くのウォルマートへ(またスーパー!)。お目当のペンキを買っていましたよ(笑)。
ここはベーキング用品もいろいろありましたが、型も持っているのばかりだったし、食器も可愛いのたくさんあるけど重すぎだし、という訳で意外と私はベーキング用品は買いませんでした。
スプリンクルとか、以前だったら絶対買っていたけど、今は日本でも可愛いのがすぐに手に入るしなー。

最後の夜はワイキキビーチでフラショーを眺めたり、子供たちはまた波で遊んだり。


フラショーの生演奏を聴きながら海に沈む夕日、最高の雰囲気でした。
それに偶然虹も出たんですよ!


絵に描いたような虹で、感動しました。

今回は前の結婚式の時のマウイ旅行とは違って、毎日のんびりというよりバタバタして時間が足りない!という感じだったけど、子供が楽しんでいたし、美味しいものももちろんたくさん食べられたし、思う存分楽しみました。

次も絶対来たいな!

買ったものいろいろ。中央の瓶はガーリックシュリンプのマリネ液。早速使って見ましたがハワイの味が簡単に再現できて美味しかったです。花柄のタオルは「The Pioneer Woman」のもの。今このブランドがすごく人気みたいで、食器やキッチンツール、可愛いものいろいろありました。前はMartha Stuwartのがたくさんあったけど、それに取って代わった感じです。右下の柄の布は「anthoroporogy」で。ハワイのお店じゃないけど、ハワイっぽい絵だったので、壁に飾ろうと思います。



旅行話にお付き合い頂き、ありがとうございました。

2017年7月24日月曜日

ハワイ旅行1

ハワイに行ってきました!

イリカイホテルからの眺め。オーシャンビューにアップグレードして良かった!

9年前に結婚式を挙げて以来のハワイです(フライングで10周年記念旅行なのです)。
結婚式の時はマウイ島でしたが、今回はオアフ島。ワイキキに5泊しました。
初めはヒルトンの横にあるイリカイホテルに2泊。青い色が素敵なホテルです。


最初は低層階のマウンテンビューの部屋を予約していたのですが、アップグレードすればオーシャンビューで高層階、すぐにチェックインできるということで、そちらに変更しました。
何しろ寝不足だったし、部屋で休みたかったのです。
でも、大正解でした。
眺めは最高だし、フルキッチンも嬉しい。

ここはパンケーキが有名なcinnamon'sが入っていて、初日に食べました。

エッグベネディクトとレッドベルベットパンケーキ。

一番有名なグァバシフォンパンケーキ。

直径30cmはある、ボリュームたっぷりのパンケーキ。
ピンク色のグァバソースがかかったパンケーキが一番有名なメニューだそう。
甘酸っぱいソースで美味しかったですが、私はチョコレートケーキのような味のレッドベルベットパンケーキの方が好みかな?

ホテルのプールや海で、子供達は大はしゃぎ。


ホテルから目の前のビーチへ歩きます。


イリカイホテルはワイキキのど真ん中より外れにあるので、ビーチもそこまで人が多くなくて良かったです。


こちらはスーパーで買った、Ted's Bakeryのハウピアパイ!
自分で作るくらい好きなので、ホール買いできて嬉しかった〜。


日本で売っているものより、生地の塩気があって美味しい!と思いました。
ココナッツの風味と甘さが、ビーチで遊んだ後の身体にぴったりでした。

あとはショッピングもあちこち行きました。
一体何回カードを切ったことか、、!

アラモアナのフードコートでは、自分で具やトッピングを選べるポケ丼を食べました。

玄米ご飯にマグロとサーモンのポケをセレクト。ほうれん草のナムルに、枝豆をチョイスしました。
アボカドとカニカマのサラダもついてきます。


中2日間は、レンタカーを借りました。

ノースショアへ行く途中で立ち寄ったドールプランテーション。


失敗だったのが、レンタル代をケチってGPS付きにしなかったこと。
カーナビがないので、助手席の私がナビです。
ホノルルは都会で道は混んでいるし狭いし、車も多く、フリーウェイに乗るまでや分岐点で地図とにらめっこしながら必死でナビしました。
普段から車の運転は旦那に任せっきり、タクシーに乗っても道の説明ほど苦手なものはない私なので、かなりプレッシャーでした。

ドールにある観光列車のパイナップルエクスプレスに乗りました。
子供も大人も楽しめました。

ドールプランテーションで植栽で作られた巨大迷路にも挑戦し、暑い中うろうろ歩き回ったので、そのあとハレイワに着くのがすっかり遅くなってしまいました。
お目当てのハンバーガーにみんなでかぶりついて、エネルギー補充。

テディーズビガーバーガーのハンバーガー。
ジューシーでとっても美味しかった!

ハレイワの町、もっとのんびり散策したかったのだけど、このあとアウトレットに寄って買い物もしようという計画だったので、あまりゆっくり過ごせませんでした。残念。。
でもそのぶん、ワイケレアウトレットで靴やらバッグやら買い込んだ私でした。

長くなるので次に続くことにしますね!


2017年7月7日金曜日

冷やして食べるメイヤーレモンの焼きドーナッツ

この時期、冷蔵庫で冷やして食べる焼き菓子っておいしいですよね。
冷たくてもおいしい焼き菓子を作りたいなと思って、レモン味の焼きドーナツを作ることにしました。
スーパーにレモンを買いに行ったら、ちょうどメイヤーレモンが売られていたので、それを使うことにしました。
メイヤーレモン、レモンとオレンジの掛け合わせだそうで、見た目はオレンジ色のレモンンと言う感じです。
香りはレモンとは違うけど、オレンジより甘くない、かぼすやすだちに近いかな?という気がしました。
でも果汁はレモンと同じきゅっとした酸味があるので、その果汁をたっぷり使って焼きドーナツを作りました。


先日「暮らしのアンテナ」の記事にピックアップして頂いた、ブルーベリーレモン焼きドーナッツに近いですが、生地にはふつうのヨーグルトではなく水切りヨーグルトを混ぜて、冷やしてもよりしっとり風味豊になるようにしました。
焼き上がりにはレモン果汁と粉糖を混ぜた甘酸っぱいシロップにくぐらせて、さらにレモンの酸っぱさを強調。
夏のおやつにぴったりの焼きドーナッツができました。


■■Meyer lemon baked Doughnut■■

■材料■ ドーナッツ型6個

薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
卵 1個
砂糖 45g
レモンの皮(すりおろす) 1/2個分
水切りヨーグルト 60g
牛乳 大さじ1
レモン果汁 大さじ1
太白胡麻油 40g

レモン果汁 大さじ1 
粉糖 25g

■作り方■

  1. オーブンは180度に予熱する。ヨーグルトは事前に120gくらいをコーヒーフィルターなどに入れて水切りしておき、60g用意する。粉類はボウルに合わせて量り入れ、泡立て器でよく混ぜる。別のボウルに卵と砂糖、レモンの皮を入れて泡立て器で混ぜ、水切りヨーグルト、牛乳、レモン汁、油を順に加えてよく混ぜる。
  2. 粉のボウルに液体の材料を流し入れ、ゴムベラで手早く混ぜ合わせる。型に生地を流し入れ(袋に生地を入れて端を切って絞り出すと楽です)、予熱したオーブンで20分焼く。ラックにのせてあら熱を取り、型から出す。
  3. レモン汁と粉糖を混ぜ合わせてシロップを作り、温かいドーナツをくぐらせてシロップをグレーズする。ラックにのせて冷ます。
メイヤーレモンでなくても、ふつうのレモンでももちろん大丈夫です。

本当は焼き色を浸けないで白っぽい仕上がりにした方が、冷たくして食べる焼き菓子らしくていいと思っていたのですが、しっかり輪っかの焼き色が付いてしまいました。
もっと焼き時間を短めにするべきなのかな?

アリはレモンが大好きなので(そのままかじるほど)、これは好評でした。

我が家の早めの夏休み、9年ぶりのハワイ旅行が近づいてきました。
頭の中はプランニングでいっぱいです(笑)。
あと数日、子供たちが体調を崩さず元気でいてくれますように〜!
そして、帰ってから子供たちの本当の夏休みがはじまるわけですが、当然何も予定もなく、毎日どうやって過ごすか、、、考えないことにします(笑)。


そういえば、今日は七夕ですね!
アリは幼稚園で短冊に「プリキュアになりたい」と書いていました。
他の子に流された感じですが、私としてはせめて「プリンセスになりたい」にして欲しかったな。。
テレビであんまり見たことがなく、ほとんど知らないくせに最近はプリキュアプリキュアと言っています。プリキュアという単語だけで女子心を引きつける麻薬のようなものが出ているんだろうか(笑)。




ランキングに参加しています。
お菓子カテゴリのランクイン、とってもとっても嬉しいです。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!励みになります♪


こちらもよければ覗いてみてくださいね。フォローもお願いいたします♪
Instagram

2017年6月28日水曜日

初夏のおやつ作ったものいろいろ

お久しぶりです。
このごろいつも通りちょこちょことお菓子を作ってはいるのですが、どれも私のレシピではなく本で見た物や、それをアレンジして作ったものばかりなので、ブログを更新せずにいました。
せっかく写真は撮っているので、ここに記録しておくことにします。


アールグレイのシフォンケーキ


人気のなかしましほさんのシフォンケーキの本のチャイのシフォンのレシピで、スパイスを抜きで作りました。
クリームをつけたりフルーツを添えて、、なんて考えていましたが、そのまま全部食べてしまいました!


きらきらあじさい


これは、二人の子供が大好きなEテレの「ゴーゴー!キッチン戦隊クックルン」で作っていて、二人が「これ食べたーい!作って!」と言うので、お菓子作りを希望されてはやぶさかではない私なので、翌日に作った物です。
中には白あん、まわりはぶどうジュースで作った寒天です。
淡い紫色の方の寒天はレモン汁がきかせてあるのですが、その酸味と餡が意外に合っていておいしかったです。
ちなみに白あんを探し求めてお店を3軒ほどはしごしましたが見当たらず、白花豆の甘煮をつぶして使ったのですが、全然問題なくおいしくできました。

あじさいの寒天がたくさん余ったので、紫陽花ゼリーも作りました。


あじさいの下は適当に作ったヨーグルトゼリー。
これでもまだあじさいの寒天が余りましたが、コウはつぶつぶのあじさいだけスプーンですくって食べていました(笑)。


父の日にはロールケーキを作りました。

これもなかしましほさんのおやつの本から、モカロールのレシピです。
いつもパパ業がんばってくれる旦那のために父の日のデザートに作りました。
中のクリームは水切りヨーグルトと生クリームを合わせたホイップクリームで、このクリームがコーヒー生地ととっても合うんです!
ティラミスが好きなシン、似たような味の組み合わせのこれもきっと気に入ると思ったら案の定好評で喜んでくれたので良かったです。

実はクリームが初めに作った物がゆるすぎて、ロールケーキには巻けないくらい柔らかかったので、クリームを作り直したんです。
最初に作った失敗クリームは、ゼラチンを混ぜてこんなふうにリメイクしました。


キウイのレアヨーグルトタルト


タルト生地に流して冷やし、上にキウイとトンプソンを飾ったキウイのタルトです。
生地はこれまたなかしましほさんのキッシュのレシピに使われているオイルで作るタルト生地で、手軽に作りました。
さくさくのタルト生地とさわやかキウイ、リメイクのわりには見た目も味もなかなかおいしくできました。


ココナッツシフォンケーキ


こちらもなかしましほさんのシフォンレシピで、プレーンの豆乳シフォンにココナッツファインを混ぜて作りました。
焼き上がりからココナッツの甘い香りで幸せな気分です。
食べてみるとシャリシャリ感とココナッツの香りで、ココナッツファインを混ぜただけでも十分ココナッツ味になりました。
これは翌日にお友達の家に遊びに行く予定だったので、お土産用に焼いたのです。
持って行く時はこんなふうにしました。

ココナッツシフォンのヨーグルトクリーム、キウイ、オレンジのシフォンサンド




またまた水切りヨーグルトを混ぜたホイップクリームを作って、それを中に詰めてキウイとオレンジを飾りました。
夏らしい組み合わせでさわやかなシフォンサンドになったと思います。
お友達にも喜ばれました。

さらに、このときもまたあまったクリームで、、

白桃のヨーグルトババロワ


冷凍庫に眠っていたシートスポンジを丸く型抜いてグラスのそこに敷き、ゼラチンを混ぜたヨーグルトクリームを流して冷やし、缶詰の白桃とそのシロップで作ったゼリーを流しました。
これはちょっとゼリーとババロワのバランスが悪かったかなと思います。
思いのほかババロワがこってりしていたので、型に入れる量を少なくするか、ババロワにもっとヨーグルトを混ぜてからゼラチンを混ぜれば良かったかな。
でもあっという間に家族のデザートでなくなりました。


というわけで、連鎖的なお菓子作りばかり続いていました(笑)。
こうやって並べるとなかしましほさんのレシピに頼っているのが分かります〜。
手軽でおいしくて、アレンジもしやすい、ふだんのおやつ作りには本当にぴったりなんです。
いつも、「こんな焼き菓子を食べたいから作りたい!」とか「これとこれを組み合わせたものを作りたい!」と思ってお菓子作りをする私ですが、自分でレシピを考えて新しいものを作る楽しさも、本を見て気軽に作るのも、どちらもかけがえないものです。

蒸し暑くなってきて、インスタグラムを覗くと爽やかなフルーツたっぷりのお菓子やひんやりスイーツがたくさん。
見ていると私も作りたくなってしまうのですが、フルーツたっぷりは家計に響きますよね〜。
特に初夏のフルーツ!
さくらんぼはかわいいな〜と思いつつ、今日もスーパーでキウイを手に取っている私でした。。

2017年6月14日水曜日

オレンジクランベリーマフィン

先日レシピブログ様からご連絡があり、私のレシピ「レモン&ブルーベリー焼きドーナッツ」が「暮らしのアンテナ」の記事「ちょっぴり爽やかな味わい♪しっとり食感のヨーグルトドーナツ」に掲載して頂けたそうです。
そしたらびっくり!
ランキングでこのブログがお菓子のカテゴリで今日は7位です!(しかも昨日は4位だったみたい!)
ひゃーー
びっくりぽんやーーー(と、アリは未だに言います。ドラマ見てなかったのに)
超有名なブロガーさんに混ざって、名前が並んでいるなんて!
見て頂いた方、どうもありがとうございます!
かなり前のレシピですが、レモンブルーベリーは今の時期にはぴったりですね。

さて、最近凝ったお菓子を全然作っていなくて(もともと簡単なものばかりですが)、またアレンジレシピで申し訳ないのですが、こちらも爽やかな組み合わせのオレンジとクランベリーのマフィンを作りました。


いつものマフィン生地にオレンジとクランベリー、さらにココナッツも加えて混ぜて焼きました。
フルーティーでさわやかなマフィンです。
ちょうどマフィン用のペーパーカップがなかったので、オーブンペーパーを切って型にしいてみました。
レシピはいつものマフィンの具を変えただけなので(笑)載せないつもりでしたが、インスタを見たお友達が載せて〜と言ってくれたので、記録しておくことにします。
太白胡麻油ブームが続いているので、これも太白胡麻油で作りました。
もちろん他の油でも、バターが良ければ溶かして同じように作れます。

■■Orange Cranberry Muffin■■

■材料■ マフィン型6個

薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ1と1/4
ベーキングソーダ 小さじ1/8
塩 小さじ1/4
卵 1個
グラニュー糖 70g
太白胡麻油(または他の油) 50g
ヨーグルト 60g
オレンジジュース 60cc
オレンジ 1個
クランベリー 35g
ココナッツファイン(好みで) 大さじ2

■作り方■

  1. 型にペーパーカップをしいておく。オーブンは180度に余熱する。オレンジは皮をすりおろし、果肉を切り出して一口大に切り、飾り用に少し取り分けておく。クランベリーも飾り用に少し取り分ける。
  2. ボウルに卵と砂糖を入れて泡立て器で少し白っぽくなるまで混ぜ、油、ヨーグルトとオレンジジュース、オレンジの皮を加え、その都度よく混ぜる。粉類を合わせて1/3をふるい入れ、泡立て器で馴染むように手早く混ぜる。残りの粉類をふるい入れ、ゴムベラでさっくり混ぜ合わせる。粉気が残るうちにオレンジ、クランベリー、好みでココナッツファインを加え、混ぜ合わせる。
  3. 型に生地を流し入れ、飾り用のオレンジとクランベリーを乗せ、好みで分量外のココナッツファインも散らす。予熱したオーブンで25〜28分焼く。ラックに乗せて冷ます。


このところ、毎日ガイドブックを眺めて心はハワイなんです。
というのも、夏休みに結婚式以来のハワイに行くことになったのです!
結婚式のときに「10年後にまた来よう」なんて言っていたのですが、それからもう10年経とうとしています。
二人も子供を連れて行くことになるとはなぁ。
というわけで、まだ旅行まで時間はあるのですが、どこへ行こうか、何を食べようか、何を買おうか、そればかり考えています。
でも子連れで10年前のように私の好き勝手ばかりできないだろうな〜。
とりあえず、二人が熱を出したり体調を崩したりせずに、無事に出発できますように!!今の願いはそれだけです。。(苦笑)